メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
飯能市立図書館

ホーム> 行事案内> 【中止】第44回図書館のつどい「言葉の翻訳、翻訳の言葉」

【中止】第44回図書館のつどい「言葉の翻訳、翻訳の言葉」

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ観点から、中止いたします】

第44回「図書館のつどい」は児童文学、ヤングアダルト向けの翻訳を数多く手がけている金原瑞人(かねはら みずひと)氏を迎え「言葉の翻訳、翻訳の言葉」と題した講演を行います。

日時 3月22日(日)午後2時 (開場 午後1時30分)

会場 飯能市立図書館 多目的ホール

講師 金原瑞人氏(翻訳家)

申込 2月18日(火)から下記いずれかの方法で。

  【来館】飯能市立図書館内 案内相談カウンターへ

  【電話】042-972-2114 【F A X】042-972-2118

  お名前、ご住所、お電話番号、参加人数をご連絡ください。  

  ※手話通訳をご希望の方はお申込の際にお声掛けください(3月13日(金)までに)

定員 100人(先着順)

講師紹介

金原 瑞人(かねはら みずひと)氏

 翻訳家、法政大学社会学部教授。1954年岡山県生まれ。児童文学、ヤングアダルト向けの作品を中心に精力的に海外文学の紹介を行い、訳書は550冊を超える。書評、エッセイなどでも活躍。また、歌舞伎や古典落語にも造詣が深い。著書に『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』(牧野出版)翻案に『雨月物語』(岩崎書店)訳書に『バーティミアス』(理論社)、『オリンポスの神々と7人の英雄』(ほるぷ出版)、『青空のむこう』(求龍堂)、『月と六ペンス』(新潮社)、『わたしはマララ』(共訳/学研)ほか多数。s-44回つどい.jpg