メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
飯能市立図書館

ホーム> 行事案内> 平成30年度 著者を囲む会「入江武男さんを囲んで」を開催しました

平成30年度 著者を囲む会「入江武男さんを囲んで」を開催しました

 平成31年1月19日(土)、入江武男さんをお招きし「著者を囲む会」を開催しました。

 入江武男さんは、退職後、郷土史家として、郷土の偉人の功績を後世へ伝えるため、熱心な研究を重ねてきました。特に日高市の平沢出身で、明治期に米英医学書の翻訳により、日本の医療の進歩に貢献した桑田衡平の研究成果を『思出草』や絵本『桑田衡平の物語』にまとめられました。

 今回は、この「桑田衡平」とその兄で製茶器を発明した「髙林謙三」、さらにその一族で東北帝国大学の理学博士でプランクトン学の基礎を伝えた「小久保清治」の3人の偉人を中心に、新たに発見された写真、資料も含めファミリーヒストリーとしてお話しくださいました。

61人もの出席があり、入江武男さんの熱意に引き込まれていました。

s-IMG_1668.jpg

s-IMG_1674.jpg